青色申告制度を活用しよう!!やるべき2つの事

1.「青色申告了承申請書」を税務署長に提出する

税金に関しての優遇を受ける事ができる申告納税制度「青色申告」を承認してもらうために、まずは、「青色申告了承申請書」に記入して提出しなければいけません。
「青色申告了承申請書」は国税庁のHPからPDFファイルをダウンロードできます(税務署でもらうこともできます)。
事業所得、不動産所得、山林所得が発生する事業を新規開業する場合、原則として開業した年の3月15日までに「青色申告了承申請書」を納税地の税務署長(税務署)に提出して下さい。
ただし、開業した時期が1月16日以降の場合は、2ヶ月以内に提出しなければいけません。
つまり、1月1日から1月15日の間に開業した場合は3月15日までに、1月16日以降であれば開業日から2ヶ月以内に提出するようにしましょう。
なお、青色申告は開業届と一緒に提出することもで可能です。

2.青色申告制度の承認後にやるべき事

青色申告以外の確定申告(白色申告)では帳簿の記帳は簡易な方法での記帳で問題ないのですが、青色申告ではそうはいきません。
青色申告での記帳に関しては、事業に関する領収書や書類の保存はもちろんの事、確定申告時に貸借対照表と損益計算書を添付して提出しなければならないため、正規の簿記の原則による記帳が必要になってきます。
正規の簿記?と思われた方もいるかもしれませんが、青色申告用のソフトという強い味方があるので心配はいりません。無料のものでも十分に使う事ができます。
「青色申告無料ソフト」などで検索してみて下さい。指示通りに入力をすれば良いので簡単で、何より楽です。

面倒臭いなと思われた方もいるかもしれませんが、その見返りは十分にある制度です。
ぜひ、青色申告制度を活用してみて下さい。

確定申告で青色申告を選んで複式簿記を行うことで、課税対象額からの控除額が65万円となる他、赤字を3年間繰り越せる等のメリットを受けることができます。ただし、税務署に届出が必要です。