細かい勤怠管理は可能?計算ミスは少なくなるの?

タイムレコーダーで細かい勤怠管理ができる

勤怠管理の仕組みとして広く使われているものとしてタイムレコーダーがあります。時刻が表示された機械で、個々の社員ごとにタイムカードが別途用意されています。カードをレコーダーに差し込むとその時間が打刻されるので、勤務時間を記録できます。ただこの仕組みには色々な問題があり、他人が代理で打刻をしたり、帰社時間よりも早く打刻するなどがありました。問題を減らすために、より正確に管理ができるタイムレコーダーシステムの導入を検討しましょう。ICカードタイプであれば、他人が打刻するのは難しくなります。入退室システムと連動したものだと、帰る前に打刻などができなくなります。オンラインシステムならリアルタイムで勤務情報が集められます。

給与計算を正確に行えるようになる

給与計算を行うとき、タイムカードのデータをもとに行うでしょう。これまでであれば給与計算システムへの入力はタイムカードを見て行う方法が一般的でした。それぞれの従業員から1ヶ月に打刻した情報を集め、それをまとめて入力する必要がありました。人が直接入力するためどうしても入力ミスや計算ミスが発生し、給与計算のやり直しなどが頻繁に起きていました。新しいタイプのタイムレコーダーは、打刻情報をオンラインでサーバに集められるようになっています。各社員のタイムカードを集めずに、打刻すればすぐその情報が得られます。得られた情報を元に計算も自動的に行うので、入力ミスや計算ミスなどもありません。計算業務を行う担当者も減らせます。

タイムレコーダーとは、本体にタイムカードをさすことで出勤や退勤の時間を記録することができる機械の名称です。