こんなにある!企業入社後に行う社員研修!

新入社員研修で社会人の基本を学ぶ

企業に入れば、社内におけるいろいろな研修を受けることができます。研修の種類やその内容は企業によって決められますが、任意で受ける自由研修もあれば、必ず受講しなければならない研修もあります。社員研修の目的は社員個人の能力を引き出すきっかけにもなるし、社員同士のコミュニケーション強化も目的としているために集団で受講することが多いです。新入社員の研修においては、ビジネスのマナー及びルールなど社会人の基本を学ぶことになります。研修で実務を行うためのノウハウも身につければ、企業の一員としての第一歩が始まります。

スキル習得によるキャリアアップ

若手社員におすすめなのが、キャリアデザイン研修です。自分自身を理解し分析することによってキャリアアップのプランを立てていきます。この研修は新入社員ではなく、勤務年数によって組み込まれる研修です。担当の実務をほぼ完全にマスターしている社員に対して、更なるスキルを習得させてステップアップしてもらうための土台つくりをサポートします。若手社員が慣れを感じ始めた時期を見計らって行う研修でもあり、自己の業務及び成果等を見直すきっかけになるのでその効果はかなり期待できます。

グローバルな企業で働くなら必須の研修

英語が話せるというスキルは企業から高く評価されます。英会話が完ぺきにできるというレベルの方は別として、英語が苦手という社員でもビジネス英語くらいはマスターしておくべきでしょう。英語力をつけておくことはあらゆる職種にとって有利ですし、高い英語力を身につけておけば貴重な存在として重宝されることは間違いありません。

管理職研修は、パワハラやセクハラを防止するためのハラスメント対策などが行われています。この講習を受けておけば、大幅にハラスメントを抑える事が出来ます。